町の歴史を活用しよう ~谷中ののこぎり屋根の活用に向けて(2)

町の歴史を活用しよう ―明治ののこぎり屋根の骨組みの一部を保存しています

 谷中・根津・千駄木は、東京でも豊かな歴史性を持つ地域です。上野台地と本郷台地に挟まれた低地では、旧谷田川(藍染川)に沿って南北に、川を利用しながら人々の暮らしや交通が発達しました。その象徴でもあるのこぎり屋根の工場が、この場所に建っていました。明治43年に織物のリボン工場として誕生したといわれております。

 100年を超える建物はひと仕事を終え解体されましたが、持ち主の方や近隣の皆さん、のこぎり屋根のある風景を愛する方々のご協力を得て、建物の構造のわかる骨組みの一部を貰い受け、保存することになりました。

 さいわい2008年に実測調査が行われ、地域の文化財・文化資料としての調査・保存・活用が、地元より要望されています。界隈の聞き取り調査も半世紀前より地道になされております。

 今後は、旧谷田川(藍染川)沿いの歴史性を活かした商店や町並みの原資料として、この町での活用を目指します。先人の残した遺産の存在が、魅力ある町のデザインともなるでしょう。谷中ののこぎり屋根の保存部材の活用にむけて、ご支援ご協力をお願いいたします。

2013年10月1日

問い合わせ先:
谷中のこ屋根会 文京区千駄木5-17-3(谷根千工房内) 
TEL&FAX03-3822-7623
URL:https://nokoyane.com/
e-mail: nokoyane@yanesen.com

【実測調査・聞き取り(敬称略・順不同)】
東京藝術大学大学院美術研究科保存修復建造物研究室、もば建築文化研究所、たいとう歴史都市研究会、たてもの応援団、台東区教育委員会、吉田敬子、谷根千工房

【のこぎり屋根保存活用協力(敬称略・順不同、2013/10/05現在)】
旭プロセス製版、鈴木晴雄、澁澤倉庫、谷中地区町会連合会、たてもの応援団、坪井建築事務所、吉田敬子、真鍋雅信、菅完治、伊郷吉信、山村咲子、梅田太一、椎原晶子、川原温、野池幸三、山田しげる、守本善徳、池本英子、西川直子、多児貞子、篠崎美和子、三堀久子、仰木ひろみ、川原理子、森まゆみ、山﨑範子 …etc匿名の皆様

町の歴史を活用しよう ~谷中ののこぎり屋根の活用に向けて(1)

保存のためにかかった費用の請求書が届き始めました。見積もりより高いかな、というのもあり、ここまで協力してくださるのかという感謝も。

仕事を休み、あるいは手弁当で奔走してくれた仲間の手間賃はまったくはいらずに、これまでにおよそ120万円の出費です。

そこでさっそく、こんなメールを流しました。

谷中のこぎり屋根に関心を寄せる皆様、谷中のこ屋根会・会員の皆様

会計係の川原です。ゆうちょ銀行に、谷中のこ屋根会の口座をひらきました。

ゆうちょ銀行
記号 10130
番号 73820451
ヤナカノコヤネカイ

どうぞ、小額でも高額でも、カンパをお振り込みいただけますと大変うれしいです。また、ご興味のある方へお知らせください。
それでは、よろしくお願いいたします。

のこ屋根日記1

月刊のこぎり屋根0号それは、鋸屋根に魅せられた写真家、
吉田敬子との出会いからはじまった

出会いのきっかけは台東区谷中3丁目、文京区との区境に建つ5連の鋸屋根だった。驚くなかれ、東京のど真ん中に、明治43年築の鋸屋根工場が現存する。いまは印刷会社、旭プロセス製版の事務所であるこの建物は、1954年(昭和29)の廃業まで「千代田リボン製織」という織物工場だった。
この鋸屋根工場がつくられたころ、工場の前には藍染川が流れていた。藍染の反物を洗ったという川沿いには、染物屋が散見した。そして明治のころの日暮里・谷中辺りは、ネクタイ工場が集積する織物の町という顔もあった。
織物の産地は江戸時代初期から日本各地に広がった。木綿製品は綿花の栽培に適した太平洋岸や瀬戸内海の温暖な土地に、養蚕製糸は、稲作に適さない山間や寒冷地に桑を植えて発達した。明治になり、殖産興業の目玉として設立された官営の富岡製糸場を皮切りに、日本の基幹産業を支える織物工場は日本中につくられていく。
私は谷中の鋸屋根を熱く語り、吉田敬子は全国に残る鋸屋根を熱く語った。彼女の撮影した鋸屋根工場は700棟に近い。
木造、石造、鉄骨、煉瓦と変化に富む群馬県桐生の日本一の鋸屋根群。石川県小松の雪国仕様の鋸屋根。愛知県尾西の17連の鋸屋根。赤色に塗られた静岡県富士吉田の鋸屋根。潮風に立ち向かう知多半島の黒塗りの鋸屋根。3年前に操業を停止した高知県奈半利の鋸屋根。
現役もあれば、カフェやギャラリー、パン工場、倉庫などに活用されているのものも、そして廃墟となり消えてしまいそうなものも。
あぁー、彼女の写した鋸屋根を自分の目で見たい。そして、未知の鋸屋根を、彼女のあとを追いながら探し歩きたい。
そうだ。旅に出よう。蚕糸の歴史を学びながら、鋸屋根工場の、北向きの窓から降り注ぐやわらかな光の下で働いた人の話が聞けるうちに。私が訪ねるのを待っていてくれると信じて。
(ヤマサキ)