東京家政大学より「感謝状」をいただきました。 2021年7月26日

今年3月、東京家政大学博物館(板橋区)に収蔵された「谷中リボン・渡辺四郎コレクション」の寄贈者として、「谷中のこ屋根会」が渡辺学園・東京家政大学・東京家政大学博物館より感謝状をいただきました。

感謝状贈呈式(右から理事長、学長、博物館長)
感謝状贈呈式(右から理事長、学長、博物館長)

以下が全文です。


感謝状
谷中のこ屋根会 殿

 貴会は、谷中のこぎり屋根工場跡地より発見されたリボンの見本帳および書籍について、その保存や調査に惜しみなく力を注ぎ、このたび東京家政大学博物館に寄贈くださいました。
これら「谷中リボン・渡辺四郎コレクション」は、貴会の普及活動の甲斐あって、新聞紙上を飾り、産業遺産学会推薦産業遺産に認定される等、広く資料的価値が認められることとなりました。
今後、これらの資料を大切に保存し、活用を図りながら教育研究の資として永く世に伝えられるよう努めていく所存です。
ここに、その並々ならぬご尽力とご厚意に対し、深く感謝の意を表します。

令和3年7月26日
学校法人渡辺学園 理事長 菅谷定彦
東京家政大学 学長 井上俊哉
東京家政大学博物館 館長 手嶋尚人


国産リボン発祥の地(千代田リボン製織所跡)プレート

東京家政大学は和洋裁縫伝習所として1881年、建学の祖である渡邉辰五郎先生の自宅(本郷湯島)に開設された、140年の歴史ある学校です。「東京裁縫女学校」と改称されたのが1892年、その2年後の1894年に、今回の「谷中リボン・渡辺四郎コレクション」の見つかった谷中のリボン工場である千代田リボン製織の前身、「岩橋リボン製織所」が設立しました。
時間を超えて所縁ある博物館に収蔵され、されに研究され、近い将来、博物館で谷中のリボンたちに会える日を心待ちにしたいと思います。
東京家政大学:https://www.tokyo-kasei.ac.jp/

森まゆみ 「のこぎり屋根の工場で見つかった文明開化のリボン」 (『考える人』2017年冬号)

2017年2月発売『考える人』59号(新潮社刊)に森まゆみさんの執筆する「『のこぎり屋根』の工場で見つかった文明開化のリボン」が掲載された。新潮社から許可をいただき、全文をご紹介します。

特別企画 「のこぎり屋根」の工場で見つかった文明開化のリボン 文:森まゆみ 撮影: 菅野健児 協力:山﨑範子、谷中のこ屋根会

東京下谷・本郷に広大な土地を持っていた実業家・九代目渡辺治右衛門の四男、渡辺四郎が、明治の終わり頃から大正にかけて谷中で営んでいた「千代田リボン製織」。その工場の解体にあたり、四郎が欧米で集めてきた華麗なリボンと、東洋一をめざした国産リボンの「見本帳」が見つかった。明治大正期の日本の欧化の歩みを示す貴重な資料でもある谷中のリボンと渡辺四郎について、谷中・根津・千駄木の歴史と今を書き続けてきた森まゆみさんが解説する。 

2016年11月19日(土) 研究会 「町の記憶を記録して、はじめての『産業考古学』―東京台東区谷中のリボン工場を調べて」

2016年11月19日(土) 研究会 「町の記憶を記録して、はじめての『産業考古学』―東京台東区谷中のリボン工場を調べて」
参加費1,000円
時 間:15:00~16:30
場 所:物流博物館 港区高輪4-7-15 
JR・京浜急行「品川」駅徒歩7分 03-3280-1616
講師:権上かおる 氏(㈱アグネ技術センター、谷中のこ屋根会)
山﨑範子氏(谷根千工房・谷中のこ屋根会代表)
http://tias3.web.fc2.com/yotei.htm

「谷中と、リボンと、ある男」展後半に突入しました。

最終日の9/12(月)は20時より撤収作業を行います。展示をご覧になる方はこの時間までにおいでください。

また、谷中のこ屋根会のメンバーがいる時間は展示されているページ以外の見本帳もご覧いただけます。下記の時間にいる予定です。

9/8(木)17:00-22:00
9/9(金)17:00-22:00
9/10(土)12:00-22:00
9/11(日)12:00-14:00 19:00-20:00 *トークイベントのため途中はご覧いただけない時間があります。
9/12(月)18:00-20:00

image1

image2

2016年9月2日(金)-12日(日) 「谷中と、リボンと、ある男」展 ~のこぎり屋根で発見‼ 渡辺四郎コレクション~

谷中は国産リボンの発祥地
明治半ばに建てられた「のこぎり屋根」は織物工場
壊した跡から出てきたものは、文明開化のリボンの記録

華麗な舶来リボンの見本帳、紳士の帽子の洒落リボン
研究ノートに洋書のたぐい、リボンの織方設計図
さてさて、そこから分かったことは……。

リボンも記録も谷中の遺産、そのことまるごと町の宝
どうか見てって、明治のロマン
町の記憶を留めたい、谷中とリボンの物語

日時:2016年9月2日(金)~12日(日)水曜日定休日
   月~土 12:00 ~ 23:00/日・祝 12:00 ~ 20:00
場所:古書ほうろう(文京区千駄木3-25-5)電話:03-3824-3388 http://horo.bz/

主催:谷中のこ屋根会 https://nokoyane.com/(月刊「のこぎり屋根」準備サイト)
協賛:古書ほうろう、たてもの応援団、たいとう歴史都市研究会 谷根千工房

2016年9月4日(日)、11日(日)は15:00~16:00にトークイベント、終了後にはリボン工場跡地見学を企画しています。詳細は追ってお知らせします。詳細は以下のとおりです。

9/4(日) 宮本英治氏(文化学園大学テキスタイル研究所所長)
     「100年前の織り図を読む」

9/11(日)玉川寛治氏(産業考古学会)
     「渡辺四郎蔵書からみるリボンの歴史」

時間はいずれも15時~16時
どちらの会も終了後、希望される方をリボン工場跡地(現在ビル建築中)にご案内します。

お問い合わせ E-mail:nokoyane@yanesen.com tel:080-6670-0142(やまさき)

PDFファイル / 20160902 谷中と、リボンと、ある男 チラシ

image1

image2