2018-01-29(月) 「国産リボン発祥の地」プレート除幕式

2013年(平成25)まで、谷中よみせ通り沿いにあった「のこぎり屋根工場」は、1894年(明治27)築の日本で初めて機械式西洋リボンを織った工場であることが分かりました。

そんな明治の産業を伝えるアーカイブプレートを製作、跡地を開発した伊藤忠商事株式会社に寄贈し、のこぎり屋根工場跡に建つマンション入口の植え込みに設置します。

設置作業後にささやかな除幕式を行います。どうぞお立ち寄りください。

日 時:2018年(平成30)1月29日(月曜日)
    午前8:30~ アーカイブプレート設置作業
    午前10:00~ 除幕式(この場所で織られたリボンでテープカット!)
    *ご来場の方(先着50名程度)に、谷中で織られたリボンをお分けします。

場 所:台東区谷中3-7-9 のこぎり屋根工場跡地
    (現・レジディア千駄木/マルエツプチ谷中3丁目店前)

問合せ:谷中のこ屋根会 nokoyane@yanesen.com
    080-6670-0142 (谷根千工房/山﨑範子) 

企画製作:谷中のこ屋根会
協力:伊藤忠商事株式会社、谷中の暮らしと街並みを守る会

東京家政大学博物館 特別企画展 「辰五郎と滋の見た明治の衣生活大転換」

東京家政大学博物館特別企画展 「辰五郎と滋の見た明治の衣生活大転換」
2017年10月19日~11月24日
https://www.tokyo-kasei.ac.jp/hakubutu/tabid/2908

谷中ののこぎり屋根工場から見つかったリボンの見本帳が参考展示されています。

株式会社 資料保存器材様のホームページで修復作業の様子が掲載されています

千代田リボン工場跡から見つかり譲り受けた資料のなかに18冊ほどのリボンの見本帳があります。その中の1冊(資料No.19 )の修復作業の様子が(株)資料保存器材様のホームページにアップされています。どうぞご覧ください。

2017年6月28日(水) 明治期の国産リボン工場跡から発見された見本帳への手当て

処置をしてくださった安藤早紀さんには先日、島薗家住宅で行ったのこ屋根リボン会議でもスライドを使って説明していただきました。

ほうろうバザールで「谷中と、リボンと、ある男」展のレポートが掲載されています

ほうろうさんがアップしてくださったリボン展の報告と内覧会のお知らせ、やさしくわかりやすく素晴らしい文章で嬉しいです。

「谷中と、リボンと、ある男」展ご報告と、「リボン&リボン資料内覧会」のお知らせ | ほうろうバザール

資料が残らなくとも、こうした文章が残ればいいかなと思ってしまいます。

リボン&リボン資料内覧会のお知らせ

昨年9月の「谷中と、リボンと、ある男」展からあっという間に半年が過ぎました。

展覧会では、谷中のこ屋根会が千代田リボン関係者から譲り受けた「渡辺四郎コレクション=明治後期から昭和初期にかけてのリボン製織関連の資料書籍等とリボン見本帖100有余点」を多くの方にご覧いただき好評を博しました。

その一方で、会期中あるいは終了直後から、リボン工業会や服飾関連の研究者をはじめ、期間中に見ることが叶わなかった方々から「ぜひ見せてもらいたい」というお声がたくさん寄せられました。

そこで今回、お越しいただく方々からさらなる知識や経験によるお知恵を頂戴して、のこぎり屋根部材と資料とリボンたちの将来に、明るい展望が開けるようにしたいと願い、ご案内・ご挨拶に代えさせていただきます。

なお、限定公開のため、ご来場いただけるご都合をお聞かせください。


日時:ご来場いただける日時を、お知らせください。

  1. 5月21日(日) 14:00~15:00
  2. 5月21日(日) 15:30~16:30
  3. 5月22日(月) 18:00~20:00

会場:島薗邸 文京区千駄木(文京区千駄木3-3-3 東京メトロ千代田線より5分) http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/115244

入場料:のこぎり屋根部材、資料、リボンの保存修復協力金(および会場の島薗家住宅維持協力金を含む)として一口 1000円以上をお願いします。カンパも大歓迎です。

問い合わせ・連絡先:谷中のこ屋根会: nokoyane@yanesen.com
080-6504-7442(きくち) または 080-6670-0142(やまさき)

主催:谷中のこ屋根会 https://nokoyane.com/