『産業考古学』158号(2021年3月 産業遺産学会)に「短信:『谷中リボン・渡辺四郎コレクション』のその後」が掲載されました

『産業考古学』158号(2021年3月 産業遺産学会)に「短信:『谷中リボン・渡辺四郎コレクション』のその後」が掲載されました。

『産業考古学』第158号(2021年3月、産業遺産学会)
『産業考古学』第158号(2021年3月、産業遺産学会)

2021年3月27日「谷中のリボン。渡辺四郎コレクション」が東京家政大学博物館(東京都板橋区)に収蔵されました

2021年3月27日「谷中のリボン。渡辺四郎コレクション」が東京家政大学博物館(東京都板橋区)に収蔵されました。

東京家政大学博物館 https://www.tokyo-kasei.ac.jp/academics/museum/

明治27年に東京・谷中に設立した岩橋リボン製織所に技師として入社した渡辺四郎(のちに千代田リボン製織所と名を変えて社長に就任)が蒐集したリボンの見本帳、および繊維・製織関連資料は、谷中にあったリボン工場の解体後、谷中のこ屋根会が保存・管理していました。

この度、2年間の研究者による分析調査(新井正道、元群馬県繊維工業試験場主任研究員)を終え、東京家政大学博物館に移送され無事に収蔵しました。

覚書

7.昭和18年11月「公私境界査定願」と図面、および昭和19年2月「土地返還承諾書」

昭和2年より東京市から借りている土地の一部に交番(谷中派出所)ができることになった。借りている土地と市有地の境界を査定し、交番用地として一部返還している。

この時つくられた「谷中初音町巡査派出所」は1990年頃まであり、その後、三崎坂に面した千代紙の「いせ辰」並びに移った。跡地は花壇となり地図の掲示板がある。

韓国ののこぎり屋根情報

撮影は池本達雄さん

2019年519日撮影はKTX クヮンジュソンチョン(光州松汀)駅。


2019年5月21日撮影は、クヮンファド(江華島)のおしゃれカフェの外観と内部です。

元の紡織工場が変身したものだそうです。「平日だったので、この程度のお客さんの入りでしたが、土日は大勢のお客さんが訪れるそうです。内部は、光の洪水でした」とのレポートでした。