播州2日目は雪

播州2日目は雪ではじまりました。寒いはず。

今日は午後からオランダのデザイナー、ペトラ・ブレーゼさんの講演会がメイン会場であります。ブレーゼさんの写真を見ると絶世の美女!昨日のファッションショーに続いて立ち見になりそうです。

さて、のこぎり屋根写真展も好評です。

播州織りは綿織物です。古くは長機木綿・長機縞と呼んだ播州織りの創始は、寛政四年(1792年)という史料がありました。

その後、縞木綿・播州縞と呼び、明治25年に多可(たか)郡縞木綿業組合ができました。最初の組合員は縞木綿機業者91名、組合長は来住(きし)兼三郎氏。この来住さんは、播州に初めて石油発動機で動かす豊田式力織機を導入した人でもあります。明治33年8月のことでした。

「播州織り」の言葉が用いられるようになったのはもう少しあとの、明治39年だそうです。こんなことを知ったのは、写真展の開場時間前に寄った郷土資料館で郷土史家の脇坂俊夫さんのお話を聞けたからです。

小高い丘にある童子公園の山上にある資料館の帰り、瓦屋根の大きな3連のこぎり屋根を発見。雪の中の見事な景色でした。

播州のこぎり屋根写真展

たった2日間の播州のこぎり屋根写真展。はじまりました!

10時に播州織りの総合素材展の開会セレモニーが、西脇ロイヤルホテルグランドホールで幕を開け、続いて織物企業とデザイナーがジョイントしたファッションショーが華やかに行われました。

アパレル業界人たちの熱気ムンムン、人が多すぎて身動きとれない…というメイン会場から50メートル離れた間口15間、5連という巨大なのこぎり屋根が写真展の会場です。本日の気温7度、北風が吹き抜ける工場内は底冷えがします。

熱気ムンムンではないけれど、のこぎり屋根を見に人がポツリポツリと、やってきました。