埼玉県行田の「イサミコーポレーション足袋工場」

行田は日本一の足袋の生産を誇る町です。行田足袋の始まりは約300年前、最盛期は昭和初期から昭和30年代、全国の約80%の足袋は行田で作っていたとのこと。

町を歩くと足袋を保管する「足袋蔵」があちこちに残っていました。いまも10軒ほどが足袋をつくっているそうです。このノコギリ屋根はその一つ、「イサミコーポレーション足袋工場」。この工場ではいまも「イサミ足袋」をつくる、現役のノコギリ屋根でした。生産を拡大した昭和初期の建築と思われます。

(撮影:やまさきのりこ)
(撮影:やまさきのりこ)
(撮影:やまさきのりこ)
(撮影:やまさきのりこ)

株式会社イサミコーポレーション http://www.isamicorp.co.jp/

フランス、サン・テチエンヌのリボン織機

長崎総合科学大学で建築学を教える山田由香里さんから、 フランスのサン・テチエンヌ 博物館を訪れたときの写真とレポートが届きました!


2012年にフランスのサン・テチエンヌに行ったときに産業芸術博物館でリボン織機の展示を見ました。そのときに撮った展示の写真です。

サン・テチエンヌは、水力と石炭に恵まれた町で、それを動力にしてリボンと猟銃と自転車の一大産地でした。16世紀からフランス王侯貴族のファッションや文化を支えていた町です。

19世紀にリボンと猟銃が斜陽になると、自転車を産業として興し、ツール・ド・フランスに代表される高速自転車を作ります。

マニュフランス社というヨーロッパ初のカタログ通販会社が1887年に設立された場所でもあります。目玉商品は、猟銃、自転車、ミシン、タイプライターでした。他にあらゆる生活用品を扱っていました。ヨーロッパ内だけでなく、世界中に飛び出したフランス人宣教師たちの生活も支えていました。

続きを読む

韓国ののこぎり屋根情報

撮影は池本達雄さん

2019年519日撮影はKTX クヮンジュソンチョン(光州松汀)駅。


2019年5月21日撮影は、クヮンファド(江華島)のおしゃれカフェの外観と内部です。

元の紡織工場が変身したものだそうです。「平日だったので、この程度のお客さんの入りでしたが、土日は大勢のお客さんが訪れるそうです。内部は、光の洪水でした」とのレポートでした。