谷中のこ屋根展 ご来場ありがとうございました。

オリジナル遺産の使い方 谷中のこ屋根展 ~藍染川ファクトリーライフ~
期間:2014年 2月25日(火)〜3月9日(日) 台東区谷中2-4-2
終了しました。

この展示は、ギャラリーTENさま、澁澤倉庫さまの協賛により可能になりました。深くお礼申し上げます。

たくさんの示唆に富む提案をいただきましたが、いまだ具体的か活用先は見つかっておりません。ふたたび、バージョンアップして谷中のこ屋根展開催の予定です。活用のアイデア、活用先としての受け入れ、展示の助っ人など募集しています。声をかけてください。>> nokoyane@yanesen.com


MVI_4316.MOV.Still001

MVI_4328.MOV.Still001

MVI_4329.MOV.Still002

MVI_4336.MOV.Still001

MVI_4336.MOV.Still006最後のミニトークが3/8(土)に行われました。

「谷中から世界へ ~最先端のものづくり」高山医療機械製作所・高山隆志さん
医療機器を作る谷中で4代目の若社長です。

医療界の最先端である脳外科医が、自分の手にフィットする手術道具を手に入れるための要求をかなえる。何を求め、何を目指すのか・・・それを知るための努力と楽しさを語ってくれました。

いま谷中でつくられた医療機器が海外に輸出されています。ドイツ製しかなかった脳外科用のハサミ、いまでは国産・谷中産でなければ…と言われているそうです。

日本人の丁寧で器用な仕事、本郷・下谷の地場産業でもある医療機器の生産は「伝統工芸」でした。

のこ屋根展開催報告(PDF版)

3月7日(金)東京都議会議員、服部ゆくおさんのミニトークが行なわれました。

_MG_4271谷中のこぎり屋根のすぐ隣にお住いの服部さん。解体の様子もずっと見ていらっしゃいました。

MVI_4275.MOV.Still002

MVI_4286.MOV.Still001

MVI_4302.MOV.Still003町で積み重ねられた暮らしや産業、建物を、これからの町に「生かす」意義と方法を語ってくださいました。町ぐるみで谷根千らしさ、歴史的建物を守るために必要なことは何か…。

服部さんのお話に、谷中まちづくり協議会の松田さんや、消防団の佐藤さんからの発言もありました。

この日、立命館大学歴史都市防災研究センターで、京都の町家の防災政策を担った益田兼房さんが、谷根千の町でもできる防災について、京都を参考にしたミニレクチャーも行われました。

いよいよ展示は3/9まで。
今晩もミニトークが行われます。
【ミニトーク】
◎3/8(土)18:30~19:30  高山医療機械製作所・高山隆志さん
 「谷中から世界へ ~最先端のものづくり」

オリジナル遺産の使い方 谷中のこ屋根展 ~藍染川ファクトリーライフ~
期間:2月25日(火)〜3月9日(日) 台東区谷中2-4-2

3月4日(火)に丁子屋主人、村田庄司さんのミニトークが開催されました。

MVI_4227.MOV.Still001明治からのお仕事のこと、町の移り変わり、改築を決心されたときのこと、解体のお知らせを出した後の保存を願う有志とのやり取り、文京区教育委員会に提出した区指定文化財への要望、新築となった建物のことなど・・・・・・

村田さんのお話を受けて、会場からもたくさんの方にご発言いただきました。

_MG_4225町にとって大切なもの残すには、「この風景はすてきだ」「この建物はすばらしい」と伝えること、これがいちばん大切だと知った晩でした。

谷中ののこ屋根展は3/9(日)まで開催中です。
会場:ギャラリーTEN http://galleryten.org/ten/

【ミニトーク】
◎3/7(金)18:30~19:30 都議・服部ゆくおさん
「地産地生(ちさんちしょう)」をよしとする ~谷中らしいまちづくり  

◎3/8(土)18:30~19:30  高山医療機械製作所・高山隆志さん
 「谷中から世界へ ~最先端のものづくり」

オリジナル遺産の使い方 谷中のこ屋根展 ~藍染川ファクトリーライフ~
期間:2月25日(火)〜3月9日(日) 台東区谷中2-4-2

3月1日に谷中ののこ屋根展のレセプションが行われました

Exif_JPEG_PICTURE3/1 レセプションが行われました。たくさんの方のご来場、ありがとうございました。

なぜ、のこぎり屋根を残したいのか。椎原晶子さんの挨拶を採録します。

【のこぎり屋根を谷中に残すことの意義】
谷中や谷根千地区は、今や下町風情や歴史文化を楽しむ方が増え、観光地的なにぎわいを見せていますが、本来、店や工房併用住宅や町中の工場などで人々が働き暮らすまちです。そのものづくりは懐しいものや伝統的なものだけではなく、その都度の時代の先端を開く先進的なものでもありました。

明治期に谷中に立てられたノコギリ屋根工場は、当時のフランスの最先端のデザインや技術を導入して紳士淑女の帽子を飾るリボンを織る工場でした。その建物は三角トラスの小屋組を並べて北側天窓から光をとりいれ、安定した自然光で織物の色調や織り具合を見るのに適したモダンで合理的な空間でした。骨組みや天井は白く塗られ、明るい自然光が満ちていたはずです。

のこぎり屋根の建物をこれからも地域で活かせれば、先代の方々が築いたモダンなものづくりの町としての谷中や愛染川流域のまちの姿を、今生きている人々やこれから住む人々にも実感を通して伝えていくことができます。

このたび、持ち主様や多くの方々のご協力により、オリジナルの部材をできる範囲で取り外して保管し、図面や写真、聞き取りなどでのこぎり屋根工場の建物や織物業の全体を伝えられるよう記録をとらせて頂くことができました。

保管された三角トラスの骨組みや柱、野地板、ガラスなどのオリジナル部材は、元の建物の材料、色彩、採光の具合、大工さんや織工さんの技術、当時の人々の生活を物語る確かな「証」、まちの遺伝子です。この部材や図面から読み解けることがまだまだ沢山あります。博物的に保管される「資料」としてだけでなく、これらを元に、東京の歴史ある生活文化が生きるまち、ものづくりの人々が働き暮らす町を今後も引き継ぎたいと願っています。

Exif_JPEG_PICTURE
乾杯の後は、谷中ののこぎり屋根の昨年9月の解体の様子、根津の丁子屋ご主人の村田庄司さんのインタビュー映像を見ていただきました。

そして後半はノコギリ音楽。

まずは地元で演奏活動を行っている仰木亮彦さん、谷中のノコギリ弾き森田文哉さん。
Exif_JPEG_PICTURE

そして千駄木に生まれ育ったという東京のこ音クラブ会長の木本誠二さん。服部明子さん。
Exif_JPEG_PICTURE

なんとも贅沢な晩でした。

谷中ののこ屋根展は3/9まで開催中です。
会場:ギャラリーTEN http://galleryten.org/ten/

【ミニトーク】
◎3/4(火)18:30~19:30 丁子屋・村田庄司さん
「建物の記憶を記録に ~残せなかった明治28年の店のこと」  

◎3/7(金)18:30~19:30 都議・服部ゆくおさん
「地産地生(ちさんちしょう)」をよしとする ~谷中らしいまちづくり  

◎3/8(土)18:30~19:30  高山医療機械製作所・高山隆志さん
 「谷中から世界へ ~最先端のものづくり」

オリジナル遺産の使い方 谷中のこ屋根展 ~藍染川ファクトリーライフ~
期間:2月25日(火)〜3月9日(日) 台東区谷中2-4-2