「復活に向けて 谷中のこ屋根展 in HAGISO」打ち上げ懇親会

日 時  2014年12月7日(日)17:30~19:30(17:00開場)

参加費  一般1,500円(ワンドリンク付き) 学生 500円(ワンドリンク付き)
     *飲み物の追加は1杯500円でいくらでも  差し入れ歓迎

会 場  HAGISO 台東区谷中3-10-25 岡倉天心記念公園向かいです。http://hagiso.jp/access/

【打ち上げ懇親会プログラム】
乾杯 17:30
谷中のこぎり屋根報告 18:00~

  1. 活用提案の説明 防災ひろば案ほか 
  2. 各地ののこ屋根活用紹介 
  3. SUMMER CAMPの報告と跡地で実践しようとしているnoco cafeの計画、進行状況
  4. 今後の予定と2分の1トラスの使い方・保管先
  5. 会計報告 
  6. 感想と懇親会

終了 19:30

展示は20:00まで自由にご覧になれます。

2014.11/18-12/7 復活に向けて 谷中のこ屋根展 in HAGISO

HAGISO DM2013年9月に解体された谷中ののこぎり屋根。
それは、明治の末に藍染川流域に生まれた、リボン工場のたてものでした。
残されたオリジナル遺産の活用を考え、町の未来に歴史を織り込む展覧会です。

2014年11/18〔火〕~12/7〔日〕 12/1〔月〕定休日

会場 HAGISO 東京都台東区谷中3-10-25

〔北窓から入る光のなかで〕
 残された明治のオリジナル部材の展示
 谷中のこぎり屋根 誕生から今日までの物語

〔のこぎり屋根はこんなにすてきだ〕
 町に歴史ランドマークを織り込もう! 谷中で活用提案
 働くのこぎり屋根 各地での残し方、使い方

〔谷中のこぎり屋根のあった場所は?〕
 学生たちの未来計画~HAGISO 2014 サマーキャンプ 成果報告

〔みんなでつくる 藍染川流域ファクトリーマップ〕

・・・・
会期中の催し
11/25〔火〕19:00~ 谷中のこ屋根会 座談会「のこぎり屋根のこんな使い方」
12/07〔日〕13:00~16:00 谷中地区まちづくり協議会企画同時開催
17:00~ 懇親会or交流会 (どなたでもご参加いただけます) 参加費実費
・・・・・
問い合わせ:谷中のこ屋根会 080-6670-0142(やまさき)
      nokoyane@yanesen.com http://nokoyane.com

企画・主催:谷中のこ屋根会+HAGISO
HAGISO DM
HAGISO DM裏

谷中のこ屋根展 ご来場ありがとうございました。

オリジナル遺産の使い方 谷中のこ屋根展 ~藍染川ファクトリーライフ~
期間:2014年 2月25日(火)〜3月9日(日) 台東区谷中2-4-2
終了しました。

この展示は、ギャラリーTENさま、澁澤倉庫さまの協賛により可能になりました。深くお礼申し上げます。

たくさんの示唆に富む提案をいただきましたが、いまだ具体的か活用先は見つかっておりません。ふたたび、バージョンアップして谷中のこ屋根展開催の予定です。活用のアイデア、活用先としての受け入れ、展示の助っ人など募集しています。声をかけてください。>> nokoyane@yanesen.com


MVI_4316.MOV.Still001

MVI_4328.MOV.Still001

MVI_4329.MOV.Still002

MVI_4336.MOV.Still001

MVI_4336.MOV.Still006最後のミニトークが3/8(土)に行われました。

「谷中から世界へ ~最先端のものづくり」高山医療機械製作所・高山隆志さん
医療機器を作る谷中で4代目の若社長です。

医療界の最先端である脳外科医が、自分の手にフィットする手術道具を手に入れるための要求をかなえる。何を求め、何を目指すのか・・・それを知るための努力と楽しさを語ってくれました。

いま谷中でつくられた医療機器が海外に輸出されています。ドイツ製しかなかった脳外科用のハサミ、いまでは国産・谷中産でなければ…と言われているそうです。

日本人の丁寧で器用な仕事、本郷・下谷の地場産業でもある医療機器の生産は「伝統工芸」でした。

のこ屋根展開催報告(PDF版)

3月7日(金)東京都議会議員、服部ゆくおさんのミニトークが行なわれました。

_MG_4271谷中のこぎり屋根のすぐ隣にお住いの服部さん。解体の様子もずっと見ていらっしゃいました。

MVI_4275.MOV.Still002

MVI_4286.MOV.Still001

MVI_4302.MOV.Still003町で積み重ねられた暮らしや産業、建物を、これからの町に「生かす」意義と方法を語ってくださいました。町ぐるみで谷根千らしさ、歴史的建物を守るために必要なことは何か…。

服部さんのお話に、谷中まちづくり協議会の松田さんや、消防団の佐藤さんからの発言もありました。

この日、立命館大学歴史都市防災研究センターで、京都の町家の防災政策を担った益田兼房さんが、谷根千の町でもできる防災について、京都を参考にしたミニレクチャーも行われました。

いよいよ展示は3/9まで。
今晩もミニトークが行われます。
【ミニトーク】
◎3/8(土)18:30~19:30  高山医療機械製作所・高山隆志さん
 「谷中から世界へ ~最先端のものづくり」

オリジナル遺産の使い方 谷中のこ屋根展 ~藍染川ファクトリーライフ~
期間:2月25日(火)〜3月9日(日) 台東区谷中2-4-2