クラクフののこぎり屋根

のこぎり屋根のタレコミをいただきました!

旅行でポーランドのクラクフに行ったのですが、そこで活躍しているのこぎり屋根を見つけました。中心部から橋を渡った再開発地区、「シンドラーのリスト」のシンドラーさんの工場跡の前に建つ「クラクフ現代美術館」です。

クラクフ現代美術館 https://en.mocak.plレンガ造りの建物をガラスで覆っていますが、形はのこぎり屋根のままです。ロゴマークものこぎり屋根。案内板ものこぎり屋根です。単に建物を使っているだけでなく、全般にのこぎり屋根愛を感じます。残念ながらのんびり歩いて行ったら入場時限に間に合わなくなって展示場には入れなかったのですが、ロビーや中庭、図書館などはぶらぶらできました。ちなみに、隣にものこぎり屋根が残っており、一部はレストランとワインショップになっています。(ワイン屋ではおすすめの地元ワインを買いました)

というわけで、世界ののこぎり屋根レポートでした。
しま

仮チラシができました。 谷中のこ屋根展 ~藍染川ファクトリーライフ~

先にお知らせした「(仮題)谷中のこ屋根展 ~藍染川ストリートライフ~」が「谷中のこ屋根展 ~藍染川ファクトリーライフ~」となって、仮チラシが出来ました。

谷中のこ屋根展 ~藍染川ファクトリーライフ~ 仮チラシ PDF

期間:2月25日(火)〜3月9日(日) 台東区谷中2-4-2
会場:ギャラリーTEN http://galleryten.org/ten/

播州2日目は雪

播州2日目は雪ではじまりました。寒いはず。

今日は午後からオランダのデザイナー、ペトラ・ブレーゼさんの講演会がメイン会場であります。ブレーゼさんの写真を見ると絶世の美女!昨日のファッションショーに続いて立ち見になりそうです。

さて、のこぎり屋根写真展も好評です。

播州織りは綿織物です。古くは長機木綿・長機縞と呼んだ播州織りの創始は、寛政四年(1792年)という史料がありました。

その後、縞木綿・播州縞と呼び、明治25年に多可(たか)郡縞木綿業組合ができました。最初の組合員は縞木綿機業者91名、組合長は来住(きし)兼三郎氏。この来住さんは、播州に初めて石油発動機で動かす豊田式力織機を導入した人でもあります。明治33年8月のことでした。

「播州織り」の言葉が用いられるようになったのはもう少しあとの、明治39年だそうです。こんなことを知ったのは、写真展の開場時間前に寄った郷土資料館で郷土史家の脇坂俊夫さんのお話を聞けたからです。

小高い丘にある童子公園の山上にある資料館の帰り、瓦屋根の大きな3連のこぎり屋根を発見。雪の中の見事な景色でした。